歯黄ばみ原因

大人になると歯が次第に黄ばみ変色してくるのを感じていますか?
個人差もありますが、知らない間に歯が黄ばみ変色し白くならないかと悩んでいる人も多いかと思います。
まず歯黄ばみ変色原因について考えてみましょう。

歯の黄ばみ変色原因は大きく分けて歯の内側からの黄ばみと外側からの黄ばみ原因になっているものに分けられます。

<歯の内側からの黄ばみ変色
●加齢
歯の構造は表面がエナメル質で囲まれその中に象牙質という組織があります。象牙質の中には神経や血管が通っています。この象牙質が肌の老化と一緒で、新陳代謝により淡いクリーム色が濃くなってしまいます。一方、表面のエナメル質は歯磨きや食事などにより薄くなってきてしまい、さらに象牙質の色が濃く強く見えてきてします。それが歯が黄色く黄ばんで見えてくる原因のひとつです。

●歯の神経
歯の神経を取ってしまったり神経が死んでしまったりした時にも象牙質が茶色に変色したりします。これは象牙質に栄養が行き届かなくなってしまい起こる現象です。

●テトラサイクリン
テトラサイクリンという抗生剤は象牙質の色が変色することが確認されています。永久歯の象牙質ができる乳児から7歳ぐらいの間に薬を長期間飲んだりすることで象牙質に色素が付いたりしてしまいます。

●フッ素
エナメル質ができる乳児から7歳ぐらいの時期にフッ素を過剰に採るとエナメル質が変色したりします(歯牙フッ素症)。しかしこれは中毒になるほど過剰にとった場合で、歯科で虫歯予防としてすすめられるフッ素は効果があります。

<歯の外側からの黄ばみ原因
●食べ物やタバコによる着色
香辛料の強い食べ物、お茶類や色の濃い食材などは歯に色が着きやすいと言われています。これらは最初は歯の表面の汚れですが時間がたちそのままにしていると次第にエナメル質へ染み込み、歯磨きではとれなくなってしまいます。
もちろんタバコのヤニも歯の黄ばみの大きな原因です。

●虫歯
初期の虫歯は歯が白くにごったようになったりします。さらに虫歯が進んでしまうと茶褐色や黒っぽく変色します。

●金属などの詰め物
虫歯の治療で詰めた金属が原因で黒く変色したりもします。

歯黄ばみとる方法

歯黄ばみをとる方法原因によって違うのはもちろん、いろいろな方法があります。

クリーニング
の表面についた黄ばみ(ヤニや茶渋など)ならをれを取り除くことで元のの色に戻ります。クリーニングはエアーフロー、エアースケーラー、超音波スケーラーなどで大まかに黄ばみを取り除き、その後シリコンなどに研磨剤をつけ表面をなめらかに磨きます。今ではPMTCと呼ばれるクリーニング法があり歯の黄ばみはもちろん徹底的に汚れを取り除き虫歯や歯周病をも予防していくというものがあります。

ホワイトニング
ホワイトニングは漂白と同じ意味でブリーチングとも言われています。ホワイトニングは過酸化水素を用いて歯に染み込んだ着色成分、黄ばみを分解し漂白する仕組みです。
ホワイトニング方法にはいろいろな種類があります。

ティースホワイトニング(通常のホワイトニング
ホワイトニング剤を歯に塗りハロゲンライトでの中の色素を分解し少しずつ黄ばみを取りを白くしていきます。フッ化アパタイトでコーティングします。充分にを白くするには数回繰り返す必要があります。

スピードホワイトニング
効果的に短時間でを白く黄ばみをとるためにハロゲンライトのかわりにレーザー、プラズマなどを使用します。高額になるため1、2本のを白くする場合などに利用するとよいでしょう。

ブライトスマイル
1回で多くの数のを白くすることができるようプラズマライト、LEDライトなどで口の中全体に光が当たるようになっています。一度で歯を白くできるかわりに高額になります。

アーチ型ホワイトニング
ブライトスマイル同様一度にたくさんのを白くすることができるようになっています。ハロゲンライト、キセハロゲンなどを使用しますがプラズマライトより光が弱くなっているためブライトスマイルより効果は低くなります。そのかわり値段はお手ごろになります。

ホームホワイトニング
歯の型を取り歯のカバーを作製し、そのカバーの中にホームホワイトニング剤を入れて自宅で使用します。自分で好きなときにホワイトニングできるのが長所ですが安全のためホワイトニング効果は低くされています。ホワイトニングのメンテナンスなどにも利用されています。

トレーホワイトニング
ホームホワイトニング用のマウスピースなどを使用しサロン内で行うホワイトニングです。ティースホワイトニング一回分くらいの効果です。

マニキュア
を削らず歯の色そのものを隠してしまう方法で確実にを白く、黄ばみをとることができます。を削らない分、少し厚みがあったり天然のに比べると少し透明感がなくなるなどの欠点もあります。

ティースマニキュア
一時的に数日間だけ白くしたい場合

パーマネントマネキュア
数年間使用可能のマニキュア。材質の関係上、定期的なクリーニングをしなければ喫煙などの影響で汚れが目立ってしまうこともあります。

ダイレクトボンディング
薄く削った歯の上に何種類もの樹脂を塗っていく方法です。天然の歯のようになり透明感もでてきますがマニュキュア同様、定期的なクリーニングが必要になります。費用もマニキュアより高くなります。

ラミネートベニア
歯の表面を薄く削ってセラミック製の薄い歯を貼り付ける方法です。変色もなく長期間使用できメンテナンスも比較的楽になりますが費用がそのぶん高くなります。神経のない歯、歯ぎしりの人には使用できません。

オールセラミックスクラウン
いわゆる差し歯ですが金属を使用していないセラミックだけの差し歯です。金属の差し歯のように歯茎が黒く変色したり歯の根元に金属が見えたりする心配がなくなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。